ロメオとジュリエット ①

今日も東京では最高気温が31~32度ほど。暑かったですね~。まだ2日ほどは暑いようなので皆さんお気を付けください♪ さて、6月30日「フランス音楽への誘い」コンサートではオペラ「ロメオとジュリエット」よりアリア2曲を歌わせていただきます。そのうち1曲目の”私は夢に生きたい”についての簡単な説明です♪ このオペラはシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を原作としてシャルル・グノー(1818-1893)により作曲されました。舞台は14世紀イタリアのヴェローナ。憎しみ合う2つの名家キャピュレット家とモンタギュー家の抗争を背景に仇同士の両家の少年と少女が運命的な恋に落ち、最期は悲劇的な結末を迎えるという広く知られているストーリーです。第1幕のキャピュレット家の館での仮面舞踏会で、ジュリエットがまだロメオと出会う前、乳母にパリスとの結婚話を持ち掛けられた際に「まだ結婚なんて考えられないわ。私は夢の中で生きていたいの」とはぐらかし、このワルツ”私は夢に生きたい”を天真爛漫に歌います。まだ恋を知らない14歳らしい純粋さが表れる曲です。宝石を散りばめたようなキラキラした雰囲気がとても新鮮で魅力的です。しかしながら2曲目に歌う”あぁ何という戦慄が…愛よ力を下さい”(毒薬のアリア)は打って変わって別人!次回こちらもご説明したいと思います♪

初焼肉きんぐ

焼肉食べ放題♪ 楽しいですねぇ。いつも通り過ぎざまに気になっていた「焼肉きんぐ」。夕方5時に到着するも既に行列。スペシャルコースではこーんなステーキ(写真では分かり辛いですが1.5㎝厚くらいはあります)含む100種類ものメニューが食べ放題。野菜も食べ放題なのが嬉しい♪タッチパネル注文これも楽しいですが画面に制限時間の残り時間が分かるように掲載されていて最後の2分間は注文画面と真剣にらめっこ(笑)! とても美味しかったですがしばらくは焼肉は…。

image

 

 

アレルゲン判明

昨日気になっていたアレルギーテストの結果が出ました。(関係していそうな5つに関して)スギ、ヒノキは陽性、ハウスダスト系は疑陽性、イネ科は陰性という結果でした。ヒノキに関してはやっぱり!どうりで5月入ってからも時々ムズムズでした。でもようやく終息^^これからは快適に過ごせそうで良かったです。 今日はヴェルディ作曲オペラ「リゴレット」の音楽稽古。主人公のジルダは父親リゴレットのいいつけで教会に行く以外は家で半ば幽閉状態で過ごしている清純な16歳の少女。現代社会では虐待扱いされてしまいそうですが*o*;; でもジルダは父親の深い愛情と理解します。そんな特異な環境の中、乳母ジョヴァンナが金を渡されマントヴァ公爵を家に入れてしまう!乳母なのに~とちょっとモヤモヤしていた箇所でした。でも乳母だからこそ16歳のお年頃の少女の気持ちを思いやってこの年頃の少女が恋の一つや二つは当たり前、、と公爵が近づくのを容認したと解釈することで少しスッキリしました。そのおかげでその後の有名なアリアが生まれてくるわけですから大事なポイントです♪

紫陽花

とある事情で紫陽花を預かりました^^。  あまり見たことのない形! 種類を調べてみた所、おそらく「ダンスパーティ」という紫陽花の種類。うーん確かに良く見る紫陽花と比べると花弁が細めで、言われてみれば洗練されて見た目も華やか♪ 最近とても人気がある品種だそう!あと数日のお預かりですが楽しみたいと思います。

ダンスパーティ。ダンスパーティ

万里の長城杯 入賞披露演奏会

久しぶりの雨。空気が少し潤って嬉しいです*^^* さて、7月にコンサートに出演させていただくことになりました。先日1位及び理事長賞をいただいた万里の長城杯国際音楽コンクールの入賞者披露演奏会です♪ 少し先になりますが7月26日(日)豊島区南大塚ホール(JR山手線「大塚駅」徒歩5分)13時開演となります。ただ、多くの部門があるのでコンサート自体は長丁場です。各部門合計で40人!出演されるそうですが私の出番は一番最後の40番です。私の演奏開始時間はおおよそ17時~18時の間になると思います。もしご興味ありましたら都合よい時間帯に是非ご友人、ご家族お誘いあわせの上お待ちしています♪ 今回は聴き馴染みのある曲を3曲歌わせていただきます。グノー作曲オペラ「ファウスト」より”宝石の歌”、プッチーニ作曲オペラ「ラ・ボエーム」より”私が街を歩くと”、プッチーニ作曲オペラ「ジャンニ・スキッキ」より”私のお父さん”です。 本演奏会チケットはチケット申し込みページでのお申込みの後、代金振込を確認後、当日受付にてチケットを受け取る形となります(当日現金の授受が不可の為)。価格は1枚1,500円(定価3,000円)です♪

banri_20150726

 

及川フレッシュガラ終了しました♪

昨夜、文京シビックホール(小)で第135回及川フレッシュガラコンサートが無事終了しました。 GW中にも関わらず足を運んで下さったお客様、本当に有難うございました!! 今回初めて披露するフランスオペラアリアが2曲あり少し神経を使いました^^;; 特にマノン(私が女王のように街を歩くと)の自由奔放、自分最高、本能のおもむくまま~というキャラクターに少し困惑しましたがそんな非日常(オペラっていつも非日常ですが…)の雰囲気を満喫しながら演奏できたので結果的には楽しく歌えて良かったです♪ GW最終日の朝も爽やかなお天気、皆様どうぞ良い一日をお過ごし下さい♪

image

いつも素晴らしい伴奏をして下さるピアニストさん♪感謝です。

リゴレット

今日はオペラ「リゴレット」に知人が何人か出演されるとの事で紀尾井ホール(小)に観に行ってまいりました♪ 皆様それぞれキャラクターを研究されて演じられてて素晴らしかったです! 今後研究する題材なので勉強になりました♪

imageimage

マノン

今日は5/5コンサートの伴奏合せでした♪ アリアほか計5曲でボリュームたっぷり。ピアニストさんには申し訳ないことに3時間も時間を取って頂いちゃいました(^ ^;)。マスネ作曲オペラ「マノン」のアリア”私が女王のように街を歩くと”の歌詞、「人は皆お辞儀をし、私の手にキスをする。何故なら美しさが私を女王にしたから!」演じるのは楽しいですがこんな女性が近くに居たらどうなんだろうかと盛り上がりました。さすがフランス女性。そんな牡丹の花のようなマノンの華麗なシーン。最後は変わり果てたマノンの哀れさが涙を誘います。

image近所の牡丹♪

 

花水木

あたりでは花水木が満開(*^^*)白やピンクの花々が桜のあとの街路をさわやかに彩っています。花を上から撮りたかったのですがどうしても低い場所で咲いてる木を探せず下からのパチリです。NYで4年半所属していた女声コーラスも「花みずき」という名前でした。懐かしい♪と思いながら花を眺めました~。ウィキペディアによると、北アメリカ原産の花水木(dogwood)は 1912年、当時の東京市長よりアメリカ合衆国ワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を送った御礼として日本に贈られたのが植樹の始まりだそうです。

image

そして八重桜も満開♪

image

Soprano Singer